So-net無料ブログ作成
検索選択

降圧剤って、結構怖い!? [血圧を下げるツボ 東洋医学の高血圧改善対策]

血圧を下げる降圧剤として有名な「ハイトラシン」の添付文書には、
脳梗塞、めまい、立ちくらみ、貧血、低血圧、
倦怠感、不眠、肩凝り、眠気、しびれ、不整脈、心房細動、
胸痛、頻脈、悪心、嘔吐、食欲不振、頻尿‥‥など等、
実に54種類もの副作用が書かれています。


血圧を抑えるのと引換えに、降圧剤の副作用に悩まされながら
毎日を過ごしている方も少なくありません。

李先生のところにも、薬を飲んで体調が悪くなったという方が
よく来られるそうです。


科学的調査によっても、血圧の薬を使用した人は、使用していない人
に比べて、14年後に身の回りの事を自分で行えている確率がかなり
低くなることが判明しています。
(NPO法人発行「薬のチェックは命のチェック」より)


そんなことを考えると、高血圧が薬によらないで治るならば
それに越したことはないですよね。


というより、そもそも薬物療法は血圧が高くなるのを抑えているだけであって、
高血圧の根本的な原因を治しているわけではないわけですよね。

それじゃあ、いつまでたっても今の状況から抜け出せないと思いませんか?



高血圧の根本原因に対して毎日たった少しの時間処置を行うだけで、
何十年も悩み続けてきた高血圧から開放された方が、既にたくさんおられます。


年間1000人 累計22万人以上を改善
李先生の高血圧改善プログラム



li_sunpo.gif


共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。